toggle
2016-02-06

Solo Exhibition 2015 / 成分家族

「成分家族」小松浩子:トキアートスペース(東京)
DEC 7 – DEC 13, 2015

“The Ingredients for Families” Komatsu Hiroko / Toki Art Space, Tokyo

I used three hundred seventy eight 8 x 10 prints on the floor and nine 20 x 24 prints and eighty meters of roll paper in my gallery for my exhibition. I hung two roll papers on the wall using push-pins every fifty centimeter wide. I hung one roll paper form the wall to the wall using metal wires in three places on both side. I put 20 x 24 prints on styrofoam board and wrapped it with plastic sheets. I converted one 8mm movie of a past gallery on a CRT TV. I converted a slide show of six hundred photographs on the other CRT TV.

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

The Ingredients for Families

ステートメント/Statement

君の目を閉じ
君の口を開けよ

Shut your eyes and
Open your mouth

共同体とは政治・経済・風俗等に深く結びついた、若しくは地縁・血縁・友情等により自然発生した有機的な社会集団を指す。血縁集団を基礎とした小規模な共同体を家族と呼ぶが、同じ家屋に居住する血縁集団に限定して使う場合もある。チャールズ・マンソンは1960年代末から1970年代初めにかけてカリフォルニア州にて〈ファミリー〉の名で知られる疑似生活共同体を率いている。マンソンは聖書を独自に解釈して自らの教義とし、信者である家出少女達に無差別殺害を実行させる。欲求とは何かを欲しいと思う・感じる状態を指し、それを満たす為に何らかの行動・手段を取りたいと思わせ、それが満たされたときには快を感じる感覚のことである。心の働きや行動を決定する際に重要な役割を持つと考えられている。低次から高次に至る主な欲求を分類すると1.生理的欲求 2.安全安心の欲求 3.愛情や所属の欲求(集団欲・序列欲)4.人から認められたいといった欲求 5.理想とする自分になりたいという自己実現の欲求となる。集団欲とは基本的な本能の欲求であり人間や動物は孤独をいやがり群れて生活しようとする欲求がある。これを集団本能、群居本能あるいは集団欲という。一匹のダイコクネズミを群れから離し外界からの刺激の無い状況で飼育すると数週間で神経質で粗暴な振る舞いを見せ、約12週間後には更に凶暴になり皮膚に炎症が見られるようになる。この段階のダイコクネズミを病理解剖すると内分泌線に肥大か萎縮が見られるという。孤独は主観的な状況である為、集団に於いても自分が受容・理解を感じなければ孤独であり、家出少女達にとって血縁集団ではなく〈ファミリー〉が集団欲を満たす共同体である。閉鎖的な共同体の中では独自な思想が規範となる場合があり、家出少女達は集団欲を満たしてくれる〈ファミリー〉に忠誠を尽くす為なら殺人をも厭わない。

テリトリーとは動物の個体や群れが他個体を排斥し排他的に占有する地域のことを指す。また対人距離という概念があり、人間が持つ他人との距離に関する意識のことを指すが、1. 密接距離 (15〜45cm):愛撫・格闘・慰め・保護の意識を持つ距離 2. 個人的距離 (45cm〜1.2m):相手の気持ちを察し個人的関心・関係について会話が出来る距離 3. 社会的距離 (1.2〜3.6m):仕事として他者に応対する距離、または人前でも自分の仕事に集中出来る距離 4. 公衆距離 (3.6m以上):公演会等で公衆との間にとる距離、という分類が為される。ダイコクネズミに限らず動物を他個体との距離が15cm以下という自然界ではあり得ない過密な状況で飼育すると序列が生じる。序列の下位にある個体は攻撃の対象となり死に至るが畜産業界では密飼いによる利益が損失に上回る為改善は見込まれない。動物が繁殖の為に共同体を持つ場合は子供が縄張り内に留まることが出来る期間は限られており成長すると共同体から離れ自身の共同体を作らねばならないが、日本の家族という共同体に於いては子供が成長しても共同体から離れない傾向が強い。日本に於ける2013年の殺人事件検挙件数のうち被疑者と被害者が同じ血縁集団に属している割合は53.5%であるという。距離とは二つの場所や物事の間の隔たりのみならず、人との関係で相手に対する気持ちの上での隔たりを指す。家族は他者よりも距離が近い為、愛情・所属・承認の「欲求」が満たされない場合の不満が増大し易い傾向にあり、過密な状況での生活により序列が生じ下位の個体が攻撃の対象となり死に至っている可能性がある。