toggle
2016-05-07

Quotation #13 / 改変された動物

the-brand-of-prevention_20160507

ピーター・シンガー「動物の解放 [改訂版]」より引用
Text quoted from “Animal Liberation” by Peter Singer

“大規模産業としての動物実験の性格を把握するひとつの方法は、それがもたらす商品およびそれらが売られる方法を見ることである。これら「商品」のなかにはもちろん、動物自体も含まれる。私たちはチャールズ・リバー・ブリーディング・ラボラトリーズがいかに多くの動物を生産するかを見た。『実験動物』のような雑誌において、動物はあたかも自動車と同様な商品であるかのように広告されている。2頭のモルモットの写真(1頭は普通の、もう1頭は無毛の)の下に、次のような広告コピーがある。

モルモットのことなら、あなたに選択権があります。体毛がそろった標準モデルを選ぶことができます。あるいは1988年に作成した、スピードと効率のためのヘアレス[無毛]のモデルも選べます。
私たちの気分正常状態(euthymic)ヘアレスのモルモットは何年にもわたる動物育種の産物です。それらは育毛剤についての皮膚科学的研究に使えます。皮膚の感作。経皮療法。紫外線研究。その他いろいろ。

学術雑誌『内分泌学』(1985年6月)におけるチャールズ・リバー社の広告は次のように問いかける。

「みなさんは私たちの手術をご覧になりたいですか?」
手術のときには、私たちはまさにお医者さんたちが注文するものを提供いたします。下垂体切除術、副腎摘出術、去勢、胸腺摘出術、卵巣摘出術、甲状腺摘出術。私たちは毎月何千件もの「内分泌腺摘出術」をラット、マウス、ハムスターで行っております。ご要望に応じて追加的な特別手術(脾臓摘出術、腎摘出術、虫垂切除術)も行います。……みなさんの非常に特殊な研究動物のニーズに適合する、外科的に改変された研究動物のご要望があれば、お電話ください。[電話番号記載]。私どもの手術スタッフはほとんどいつでもご要望に応じられます。”